俺の屍を越えてゆけ
 (ORE NO SIKABANE WO KOETE YUKE)


タイトル:「俺の屍を越えてゆけ」
プラットフォーム:PlayStation
発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元:アルファシステム
     :マーズ
発売日:1999年06月17日
標準小売価格:税込6090円
ジャンル:世代交代RPG
備考:メモリーカード6ブロック

「俺の屍を越えてゆけ(PlayStation the Best)」
発売日:2000年07月06日
標準小売価格:税込2940円

「俺の屍を越えてゆけ(PS one Books)」
発売日:2004年10月28日
標準小売価格:税込1890円




●百聞は一見に如かず

毎度のことですがこのゲームも体験版をプレイして購入を決定しました。
『俺の屍を越えてゆけ(以後「俺屍」)』は私が「100時間以上遊んだゲーム」の中の1本です。
もともとロールプレイングゲーム(RPG)は時間がかかるものですが、
「そんな時間はありません。」
というあなたのために「俺屍」にはRPGでは珍しい「難易度設定」が存在します。
「あっさり」「しっかり」「じっくり」「どっぷり」の4段階で
クリア時間は約20時間〜100時間以上まで選択することが出来ます。
しかもこの設定はゲーム中いつでも変更することができます。
なのでお好みでどうぞ!
わたしは「どっぷりモード」を選択です。




●千里の道も一歩から

このゲームの目的は「朱点童子を倒す」ということです。
メインストーリーもちゃんと用意されていますが
本当のドラマはゲームをプレイすること自体にあります。
キャラクターたちには寿命があり、しかも恐ろしく短命です。
そして決して生き返ることはありません。
次の世代に望みを託し次々と死んでいきます。




●天は自ら助くる者を助く

「じゃあキャラクターが死ぬ度に育て直すの?なんか面倒そう。」と思ったあなた!
大丈夫です!

このゲームは一人のキャラクターを育てて強くするのではなく、
「血統」を育て強くしていくのです!
子供は「交神の儀」によって授かることができます。
いつでも好きな時に実行できますが「屋敷」が狭かったり、
「奉納点(神様と子供を作る為に必要なお金のようなもの)」
が足りないと実行できません。
子供は「交神の儀」の1ヶ月後に家にやってきます。
それから2ヶ月は修行期間です。
自習するか家族の誰かが指導者となって訓練します。
指導者の能力が高いほど子供の能力もアップします。
そして4ヶ月目から戦列に参加できます。
7ヶ月になると「交神の儀」ができるようになります。
それから、戦い、交神、を繰り返し1年7ヶ月〜2年で永眠します。
強い親から生まれた子供はより強くなり、
「奉納点」の高い神様の子供も強くなります。
遺伝子が強化されていくのです。
レベルアップの間隔も早く気持ちいいです。
RPGで楽しい瞬間の1つがレベルアップの時だと思いますが、
初陣では1回戦闘が終わるごとにレベルアップするぐらいの勢いで
どんどんレベルが上がります。
周りの家族が気をつけてやれば安全に強くすることができます。
しかもすぐに親を追い越して、親より確実に強くなります。
家族が逞しく成長していく姿をみるのは頼もしいかぎりです。
しかし・・・




●始めあるものは必ず終りあり・・

その子には必ず寿命が訪れます。
それは病死かもしれませんし、戦死かもしれません。
この世界での「死」は「消滅」を意味します。
「アイテム」や「呪文」や「教会」などで生き返らせることは出来ません。
どんなに強く逞しく育とうと必ず死にます。
戦う為に生まれ、戦い続け、
そしてまた戦う為の子供を残して死んでいくのです!

これが物悲しく、そして熱いのです!
まさに自分の親兄弟の屍を越えていくのです。
しかしだからといって「死」が軽く扱われているわけではありません。
キャラクター達はそれぞれ個性的な容姿を持ち、
死に際には一言いい残して死んでいきます。
その一言一言が重く、せつなく、心に響くのです。
そしてこの「世代交代」こそがこのゲームの「肝」であり、
紡がれていくストーリーなのです。
この部分にグッとくれば間違いなくハマれます。
父の、母の、兄の、姉の、先代達の意思を受け継いで朱点童子を倒す為、
自分たち一族にかけられた忌まわしい呪いを解く為、
戦い続けるのです!!




●天上天下唯我独尊

人にゲームを説明したりするときに「○○みたいなゲーム」
という言い方がありますが、
私は「俺屍」に例えれるゲームを思いつきません。
そして「俺屍みたいなゲーム」というゲームも思いつきません。
その理由は「俺屍」が「俺屍」だからだと思います。
このゲームでしか味わえない遊びがあるからこそ
いつ遊んでも面白いのだと思います。
時々棚から引っ張り出して遊ぶのですがやっぱり楽しいです。
古いゲームは「懐かしい」という感情で美化されることも多いと思うのですが
「俺屍」は「懐かしい」だけではなく、
いつ遊んでも「面白い」と思わせてくれます。
決して時代に流されない、
オリジナリティーのあるゲームだけが持つ魅力を感じさせてくれます。




●虎は死して皮を留め人は死して名を残す

いつかみんなで撮った「家族写真」を見て思うのです。
「あなた達の子供はこんな立派になりました。
あなた達の悲願は必ず達成してみせます。」
と。

そしてエンディングを迎えて思うのです。
「私達の命はあなた達の屍の上に生きているのです。
ありがとう・・・。」
と。