「ボードゲームの部屋」へ戻る

●第4回「ボードゲーム研究会」

日時:2010年8月28日(土)
場所:大阪府吹田市 吹二地区公民館
時間:13:00〜21:00


こうして並べると「エル・グランデ」の箱はデカイですね〜。

場所は今回も

「吹二地区公民館」

参加メンバーは7人。
今回はいつものメンバーが参加できなかったので少なめです。

今回、私が持ち込んだゲームは以下の通りです。

・ドミニオン基本セット(Dominion)
・ドミニオン海辺
・インカの黄金(Incan Gold)
・海賊組合(Buccaneer)
・パンデミック(Pandemic)
・ファウナ(Fauna)
・ヘックメック(Heckmeck am Bratwurmeck)
・ボーナンザ(Bohnanza)
・ゲシェンク(Geschenkt)
・お邪魔者(Saboteur)
・ネズミのパティシエ(NEW)
・エルパソ(NEW)
・グレンモア(NEW)
・カルカソンヌ(NEW)
・エル・グランデ(NEW)


そして以下が、ゲストが持って来てくれたゲームです。

・呪いのミイラ(NEW)
・テーベの東

そして今回プレイしたのは、以下のゲーム。

・呪いのミイラ(NEW)
・テーベの東
・ドミニオン基本セット
・エル・グランデ(NEW)
・ファウナ
・ヘックメック


●「呪いのミイラ

対面式のゲームボード。とても立体的なコンポーネントです。

第2回に持ってきて頂いたのですがプレイ出来なかった「呪いのミイラ」です。
今回やっとプレイです。
ゲームの持ち主が「ミイラ」役、その他3人のプレイヤーが「探検家」です。
「探検家」は全員初プレイ。


左の茶色のダイスが「ミイラ」用。右のダイスは「探検家」用で5個あります。

「探検家」は「ミイラ」に掴まらないように、決められた財宝を全て手に入れることが出来れば勝ち。
「ミイラ」は「探検家」を掴まえて、決められたライフポイントを手に入れることが出来れば勝ち。
「探検家」は協力しながらも、出来るだけ早く財宝を集めなければなりません。



この後予想外の結末が・・・!?

結果は「探検家」プレイヤーの勝利だったのですが、
終わってみればプレイ時間が約90分!?

本来は45分程度で終わるゲームなのですが 「探検家」プレイヤーのチームワークが素晴らしかった為に
こんなプレイ時間になってしまった様です・・・。
「探検家」プレイヤー達は「頭を使い過ぎて疲れた・・」と言っていました。
そりゃそうだ。


●「テーベの東」

2人プレイでは知識カードも取り放題だ!

私は「呪いのミイラ」の横で嫁と2人で「テーベの東」
以前一度プレイしただけなのでルールを思い出しながらのプレイです。


2人だと相手との知識もかぶりにくいので得意な知識を集中的に伸ばしやすいです。

私も嫁も発掘にかける期間は常に最大。
10週や12週は当たり前!
おかげで時間が進む進む。
結果は嫁の勝ちでした。


●「ドミニオン」

最初のデッキはやっぱり「最初のゲーム」。

今回で2度目の参加となる女性メンバーが、第2回でプレイした「たんとくお〜れ」が面白かった!と言うことなので、
その元となった「ドミニオン」を是非プレイしてもらわねば!


「ドミニオン」用に作った「カード置き場」です。これでカードも崩れないし、取りやすくなりました!

私と嫁と3人でプレイです。
ルールは「たんとくお〜れ」をプレイ済みなのですぐに理解して、
なかなか的確なプレイでゲームを進めていきます。



やっぱり面白い「ドミニオン」。良いゲームです。

結果2戦して、私は2戦共最下位・・・。
女性ゲストは2戦とも1位でした!
さすが「たんとくお〜れ」が面白いと言うだけのことはありますね!
「ドミニオン」とどちらが好きか尋ねると、
「絵がかわいいから、たんとくお〜れの方が好き」とのこと。
やっぱりかわいい絵柄は女性にもキャッチーなんですね〜。


●「テーベの東」2

セットアップ中です。

持ち主の方と、経験者1人、その他初プレイのメンバーが2人の4人でプレイ。


最初は知識カードを集めましょう♪


だんだん机が狭くなってきた・・・。


ゲームも中盤。そろそろ追い上げないと・・・。

1人は集中して学会カードを集めて、1人は確実に知識カードを貯めていくスタイル。
2人は知識が無くても取り敢えず掘る!現場密着スタイルで進めていきます。



こなこともあります。

最大日数を消費して10回とスコップでプラス2回、 合わせて12回発掘してこの結果。
まだ価値5の財宝があるだけでも良かったと言うべきか・・・。



最終得点計算中。

結果は学会でポイントを稼いだ「持ち主」プレイヤーの勝利!
と、ここで持ち主の方が途中退席となりました。
お疲れ様でした〜♪


●「エル・グランデ」
こちらもボードゲーム界では有名なゲーム。
1996年の「ドイツゲーム大賞」と 「ドイツゲーム賞1位」を獲得した名作です。

実は写真を撮り損ねてしまい写真がありません・・・。
最初は私、嫁、ゲストの3人で始めたのですが、突然嫁が強烈な睡魔に襲われた為、 2人でプレイしました。
結果は私が負けてしまいましたが、 2人でプレイするとかなりガチ対戦な感じになりました。
もう少し遊んでみないとわかりませんが、確実に面白いゲームだと感じました。


●「ファウナ」

今日も世界地図は美しい♪

ここからは残った6人全員で遊べるゲームとして「ファウナ」をプレイ。
経験者4人、初プレイが2人。
初プレイのメンバーはじっくり考えて1個置くのに随分悩んでおりましたよ。


生息地予想が集中してますね〜。ニアピン狙いも重要です。

今回も難易度は黒淵の「難しい」でプレイしました。


色々な意見が交わされるところもこのゲームの醍醐味。

勝手の分かったメンバーは持ちコマが無くなるまでガンガン置いていきます。
それにつられてか初プレイメンバーもガンガン置きます。
まあ、全て不正解でも次のターンになれば最低3つは手元に帰ってくるのですが・・・。



答え合わせ中〜♪

最後は接戦となりましたが嫁が1位で勝利。
みんなも大満足で終了となりました。
やっぱり盛り上がるな〜。


●「ヘックメック」


6人でサクッと遊べるのも良いところ♪

最後は半端に時間が余ったので全員で「ヘックメック」をプレイ。



ルールも簡単!見た目もかわいい。

6人でプレイしても30分で終了〜。
こちらも嫁が一人勝ち。


「今回は一人じゃないのにゃ〜!」「あなたどっかで見た様な気がするにゃ〜!?」

今回は残念ながら少なめの人数でしたが、内容的にはいつも通り問題なく楽しめました。
次回はもう少し集まれれば良いのですが、みんな大人だからそれなりに忙しいのです。(^∇^)
それにしても今回は嫁の勝率が高かった。
おめでとう!嫁よ!


今回も参加して頂いた皆様 ありがとう御座いました!!

次回の開催は9月25日(土)を予定しております。

次回も宜しくお願いします!!

「ボードゲームの部屋」へ戻る